ガテモタブンのブータン料理

(右手前から時計回りに)パクシャパ/エマダツィ/テイクアウト パクシャパ/モモ、エヅェ/ギュンチャンパ/ごはん
ガテモタブンだけの「家庭料理の味」を求めてー
ブータン料理は極めてシンプルがゆえに素材によって味が大きく左右される家庭料理です。その家庭ごとにレシピは異なり正解はありませんが、ブータン料理たらしめている基本構造があります。ガテモタブンでは創業メンバーでもあり「日本のブータンの母」といわれている方のレシピがそれにあたります。2022年、オープンから16年目となりますが、その当時のレシピにもう一度立ち返り、ベーシックなブータン料理に最適な素材選定を1からやり直しました。
パクシャパにふさわしい豚肉は? モモの皮の厚みや食感。具材の包み方で変わる味わいの中でのベストは? などなど。ブータン以外の食材に関してはできる限り国産を使用し、日本の高品質な生産者の方々とブータン食材との絶妙なタッグを目指しています。ブータンではお肉はご馳走です。豚肉と鶏肉には特別な国産銘柄を選択し、これによってブータン料理本来の美味しさが際立つようになりました。
見た目や雰囲気が以前と変わった、また味わいが変わったと、戸惑うお客様もいらっしゃるかもしれません。我々は今後もたゆまず改良を重ねて、美味しくてガテモタブンらしさのあるブータン料理を提供してまいります。

パクシャパ Phagsha Pa (Pork & Chili with Radish)

ブータンのゾン語で「パクシャ」は豚肉、「パ」は塊の意味で、豚バラ、大根、唐辛子を煮炒めした料理です。日常ではなかなか食べられない代表的なごちそう料理で、お祝いにはかかせません。
ブータンでは脂身が好まれますが、日本人にはやはり赤身も大事。ガテモタブンでは様々な種類の国産豚肉で試作したなかで、赤身の旨味と脂身の甘みのバランスが良く肉質も柔らかな、岩手県産の岩中豚を選びました。 大根に染み込んだブータン唐辛子の出汁と岩中豚の旨味がご飯に良く合う、ガテモタブンでは一番人気のメニューです。

干し肉のパクシャパ  シャカム パ Shikam Pa (Dried Pork & Chili with Radish)

生の豚肉でつくるパクシャパに対し、高地の乾燥した気候から保存食文化が根強いブータンでは干し肉でつくるシャカム パというパクシャパの方がむしろ一般的かもしれません。
新潟産のもち豚を生産者の方にお願いして干し肉にしてもらい、旨味がぎゅっと濃縮されています。ご飯とおかずを一緒に食べるのが基本のブータン料理ですのでご飯にももちろん合いますが、この干し肉のパクシャパはお酒のおつまみとしても最高です。
干し肉の生産量が限られているため、数量限定での提供となります。

エマダツィ Ema Datshi (Chili & Cheese Stew)

ブータンの食文化を代表する国民的料理です。唐辛子とチーズだけのシンプルな家庭料理で、1日3食エマダツィという人も少なくありません。ピーマンのように入った丸ごとの唐辛子に驚くかもしれませんが、ブータンでは唐辛子を調味料ではなく野菜として食べます。たっぷりのごはんと一緒に食べるのも特徴の一つです。夏のハイシーズンには契約農家さんから直送の、新鮮なブータン品種青唐辛子で提供しています。 観光客向けに提供されるエマダツィはチーズがとろけて絡んだものが多いのですが、ガテモタブンのエマダツィはブータン人が日常で良く食べる昔ながらのスープのようなタイプ。東ブータンではこちらの方がスタンダードなのだそう。

ケワダツィ Kewa Datshi (Chili & Cheese Stew with Potato)

「ケワ」はじゃがいもの意。じゃがいも、唐辛子、チーズを煮込んだ料理で、エマダツィが「エマ」唐辛子がメインなのに対してじゃがいもがメインのダツィ料理となり、辛さもひかえめになります。季節によってカリフラワーを使ったメトコピダツィや、きのこを入れたシャモダツィなどがあります。

モモ+エヅェ Momo (Bhutan’s Gyoza)

「豚肉、玉ねぎを包んだ蒸し餃子。エヅェは各家底で様々なバリエーションがありますが、当店では粉末唐辛子を玉葱と油で炒めたものを使います。国産の豚肉をモモに合う挽き具合に特注し、こちらも特注の国産皮を使用しています。包み方は皮の重なり部分の気にならない自然な形に落ち着きました。